万田酵素お試しなどの酵素サプリメントの種類

MENU

万田酵素お試しなどの酵素サプリメントの種類

もともと人間にとって必要不可欠である酵素。

 

最近美容や健康に効果があるとして人気が高まる傾向にありますが、手軽に摂取するためには酵素サプリメントがおすすめです。

 

そんな酵素サプリメントには大きく分けると二つの種類が存在しており、まず一つ目の種類としては、野菜や果物といった植物が由来の成分からなるタイプのもので、生のペースト状のものや液体状の酵素液などをそのままカプセルに入れたものなどです。

 

こちらは栄養価が大変高く、消化吸収もされやすいという嬉しい特徴が魅力的なサプリメントです。

 

通称生サプリと呼ばれることもあり、最近ではインターネット通信販売などでも見かけるようになってきています。

 

 

そしてもう一つのタイプは、消化酵素と呼ばれている酵素のみを使ったサプリメントです。

 

原料となっているのはフルーツ由来や麹菌を使ったもの、家畜の臓器から抽出されているものなど、いろいろなものがあります。

 

これらの中でも麹菌を使ったものはすでに商品化されて一般に出回っており、たんぱく質や炭水化物、脂質などの分解酵素が含まれています。

 

そして摂取した際に体内温度などに影響されずに効果が出るため、健康維持のために良いとされています。

 

 

もっとも現在ではまだ生サプリと比べると、やや値段が高い傾向にあるようです。

 

このように酵素サプリメントは種類が実に豊富なために、どれが何の酵素であるのかわからなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

そして選び方のコツとしては、まずは生タイプであることが重要です。

 

酵素は加熱などの温度上昇によって効果を失う危険性があります。

 

そのために生の状態のもので、ペースト状やソフトカプセルに詰めたものなどを選ぶようにしましょう。

 

また発酵菌の量が多いことも大切です。

 

発酵菌の数が多いということは、それだけ酵素の中にミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているという証拠です。

 

そのために発酵菌の数が多ければ多いほど、酵素としての質は高くなります。

 

 

あとは熟成年数の長さにも注目しましょう。

 

熟成年数は長ければ長いほど抗酸化成分が凝縮されるので良いと言われており、最低でも二年間、できれば三年間は熟成させているものを選ぶようにしましょう。

 

万田酵素のお試しは3年3か月もの年月をかけて製造されています。

 

 

選び方の基本となるのは、この生タイプかどうかということと発酵菌の種類が多いこと、熟成期間が二年以上で長いことの三つですが、他にもどのような原料を使っているかということや、酵素以外にも何か含まれているかといったことなどもチェックすると、より良い酵素を選ぶ基準になるでしょう。